蕪の下ごしらえ

好きな野菜のひとつ、蕪。

大根よりも柔らかくなるのが早いので、根の部分は離乳食にもよく使いました。

蕪の旬がそろそろ終わってしまいますが、和洋中どんな味にも馴染んでくれて、生でも煮込んでも焼いてもおいしい! 本当に重宝します。

蕪は根の2cm上くらいで切って葉の部分と分けます。

葉の根元は洗いにくいので切り落としてしまう人も多いかもしれませんが、ちょっとだけあった方がなんか好きです。

根の方を丸のまま使いたいときは、水を張ったボウルに逆さに入れてふるふると水の中で振るように洗うと細かい土が取れるます。しばらくそのまま水の中に入れておくと、結構きれいになります。

葉も薄く水を張ったボウルに少しつけておくときれいになるしシャキッとします。

うちでは根はピクルスや浅漬け、シチューや汁物でいただくことが多いです。

葉は、ツナやベーコンなどど炒めたり、さつま揚げと一緒にきんぴらにすることが多いです。

レシピサイトを検索すると美味しそうなレシピがたくさんありますね。

出回っているうちに試してみたいなと思っています。

お菓子教室 K's Kitchen

心をこめること。 季節を感じること。 暮らしにそっと寄りそう お菓子をつくりたい。

0コメント

  • 1000 / 1000